川島如恵留は学歴も資格も凄い!クイズ部副キャプテンは伊達じゃない!

アイドルグループ「Travis Japan」のメンバーとして、活動している川島如恵留さん。

ジャニーズクイズ部の副キャプテンを努めていて、クイズ番組にも出演しているインテリイケメンです。

しかも、数種類の難関資格を取得している川島如恵留さんの学歴にスポットを当ててみたいと思います。

川島如恵留のプロフィール

  • 名前:川島 如恵留(かわしま のえる)
  • 生年月日:1994年11月22日
  • 年齢:29歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型

オランダとのワンエイス(8分の1オランダ人の血が入っている)で、如恵留という珍しい名前の由来は、出産予定日がクリスマスがある12月だったことから付けられたそうです。(ノエルはフランス語でクリスマスの意味)

川島さんは、幼稚園の時に見たミュージカルがきっかけで芸能界に興味をもち、小学校1年生の時からジャズダンス、高学年になると他のジャンルのダンス演技を習います。

8歳から子役として活動を開始し、ジャニーズに入所以前は芸能事務所アイビィーカンパニーに所属劇団四季のライオンキングでヤングシンバ役を演じています。

その後、少年隊主演の舞台「PLAYZONE」を観てジャニーズに入りたいと思い、自分で履歴書を送ってジャニーズ事務所に入所したそうです。

川島如恵留の学歴は?

川島如恵留の出身中学校は青山学院中等部!

残念ながら川島さんの出身小学校は特定できませんでした。

中学受験した理由は「新しい場所を見つけるため」だそうです。

川島さんは小学校5年生の時にいじめにあい、みんなと同じ場所ではなく、新しい場所に行くために中学受験をすることにしたようです

中学1年生の10月14日にSMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)に入所しています。

オーデションではピルエット4回転をするなど、得意のダンスを披露して会場を沸かせたようです。

また、同じく中学1年生の時にフィジー諸島に3週間の短期留学をしています。

内部進学で青山学園高等部へ進学!

川島さんは青山学園高等部へ内部進学し、部活は茶道部馬術部に入っていたようです。

馬術部を選んだ理由は、部費が年間3000円と格段に安かったからだそうです。

また生徒会にも所属しており、生活委員会の委員長を務めていたとのことです。

川島さんは高校在学中に、イタリア、韓国、ニューヨークに留学しており、英語なら日常会話レベルの会話ができ、中国語とイタリア語も話せるということで凄いですよね。

そして2010年の7月、「PLAYZONE 2010 〜ROAD TO PLAYZONE〜」出演のために結成された「Travis Japan」の前身ユニットの「S.A.D」として活動後、

2012年7月、「Travis Japan」メンバーに選出されることになります。

当時の川島さんは、仕事も学業も部活動などの学校生活も全力で取り組んでいて、周りから少し近寄り難い存在でありながら、ジャニーズということもあってかなり人気者だったそうです。

大学も青山学院大学!学部はどこ?

引用:ジャニウィキ

川島さんは大学も内部進学で青山学院大学・総合文化政策学部に入学しています。

川島さんは人工心臓の興味があり、理系の大学に進むことも考えますが、研究より自分を表現する芸能活動を続けたいという思いが強く、総合文化政策学部のある青山学院大学を選んだのだそうです。

総合文化政策学部では、空間情報学を専攻して、GPSを使ったアプリケーション開発などを学びます。

進学する際には親を説得し、「学費は国立大学の分までしか出さない」という条件で認めてらったそうです。

そのため、国立との学費の差額は全て自分で納めたようです。

在学中は、「後悔がないように」という思いで、3年生の前期で卒業要件である約130単位を全て取得し、卒業までに170単位を取得したそうです。

保有資格

2019年3月、国家資格である宅地建物取引士を独学で一発合格しています。

その他に、秘書検定漢字検定2級を所持しており、どれも難易度の高い資格ばかりです。

現在は、旅行業務取扱管理者保育士漢検準1級の取得を目指しているそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

おしゃれなイメージの青山学院大学は川島さんにピッタリですね。

頭脳明晰で歌やダンスにも定評がある川島如恵留さん。

これからもトップアイドルの道を突き進んで欲しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人