皐月賞馬ソールオリエンス復帰!田辺裕信騎手と新コンビで中山記念G1参戦!

2023年12月24日の有馬記念で8着に終わり休養していた

昨年の皐月賞馬ソールオリエンス(牡4)が、

田辺裕信騎手(39)との新コンビで

2024年2月25日のGⅡ中山記念(中山芝内1800m)に参戦することが発表されました。

ソールオリエンスとは?

Yahoo!ニュース
  • 馬名:ソールオリエンス(欧字表記:Sol Oriens)
  • 誕生:2020年4月4日(4歳)
  • 品種:サラブレッド
  • 性別:牡
  • 毛色:鹿毛
  • 父:キタサンブラック
  • 母:スキア
  • 出生地:北海道千歳市
  • 馬主:(有)社台レースホース
  • 調教師:手塚貴久(美浦)
  • 通算成績:7戦3勝
  • 獲得賞金:4億7668万1000円(2023年12月24日現在)

ソールオリエンスの父は、
菊花賞、天皇賞(春・秋)、ジャパンカップ、有馬記念を制したJRA顕彰馬である

キタサンブラックです。

JRA-VAN

馬名のソールオリエンスは、ラテン語で「朝日」を意味します。

ソールオリエンスは2022年に、美浦ウッドチップ、坂路で11本を走ります。

戸崎圭太騎手(サンスポ)

デビュー戦の騎手は田辺裕信で予定していましたが、戸崎圭太に変更になりました。

戸崎騎手は
柔らかそうな走り。いいモノを持っていますね
と語り、

手塚騎手は
クラシックに乗せたい馬
と期待をかけます。

2022年11月13日、ソールオリエンスは東京競馬場5レースの2歳新馬戦(芝1800m)でデビューします。

ソールオリエンスの戦績

馬トク
スクロールできます
日付
競馬場/競走名
馬場/天候
芝ダ 距離
着順/頭数
単オッズ 人気
枠番
馬番
騎手
斤量
馬体重
増減
22.11.13
東京/2歳新馬
速良/曇
芝1800m
1着/9頭
1.4倍 1人気
5
5
戸崎圭太
55.0K
460K
23.1.15
中山/京成杯G3
良/曇
芝2000m
1着/9頭
2.7倍  2人気
4
4
横山武史
56.0K
462K
(+2)
23.4.16
中山/皐月賞G1
重/晴
芝2000m
1着/18頭
5.2倍  2人気
1
1
横山武史
57.0K
462K
(±0)
23.5.28
東京/東京優駿G1
速良/晴
芝2400m
2着/18頭
1.8倍  1人気
3
5
横山武史
57.0K
460K
(-2)
23.9.18
中山/セントライトG2
速良/晴
芝2200m
2着/15頭
1.6倍  1人気
8
14
横山武史
56.0K
460K
(±0)
23.10.2
京都菊花賞G1
速良/晴
芝3000m
3着/17頭
2.7倍  1人気
7
14
横山武史
57.0K
464K
(+4)
23.12.24
中山/有馬記念G1
速良/晴
芝2500m
8着/16頭
6.5倍  4人気
1
1
川田将雅
56.0K
466K
(+2)
Yahoo!ニュース

23年4月16日のG1皐月賞

ソールオリエンスは1枠1番からスタートし、

雨で荒れた状態の内を避け馬場を選びながら後方を追走、

4コーナーでは後方2番手から、直線入口で大外に出ると鞭を入れて加速、

好位から抜け出したタスティエーラを差し切り、

デビューから3連勝初のG1制覇となります。

デビュー3戦目の皐月賞制覇は、2歳戦が実施され始めた1946年以降では、

最少キャリアの勝利となり、

ソールオリエンスは一躍脚光を浴びます。

手塚貴久調教師(中山馬主協会)

手塚貴久調教師はソールオリエンスについて

速い脚が長く続くのはなかなかない。
「シュッ」と一瞬切れる馬はいるけど、「シュー」っといける。
うちで言うとフィエールマンがそうだった。

トモなどの緩さはあるが、つなぎが他の馬より少し長いので、より体が沈んで、踏み込みが「グーン」となる。
僕はジョッキーが「緩い」と言うほうが走ると思っていますから。

と高く評価しています。

横山武史騎手は、ソールオリエンスの一番の長所として

操縦がしやすい真面目さですかね。
控えたり我慢させたい時に対応してくれますし、ゴーサインを出したらスッと反応してくれます。

と語っており、

初めてのタイプ。
ポテンシャルは高いけど、乗り味だけだったらエフフォーリア、タイトルホルダー、キラーアビリティ、ウンブライル、スターズオンアースのほうが背中はいい。
でも競馬に行ったら調教では見せない、競馬でしか見せない部分が素晴らしい。

と評価しています。

田辺裕信騎手(サンスポ)

田辺裕信騎手との新コンビで臨む、

2024年2月25日の中山記念が楽しみですね!

ソールオリエンス復帰にSNSの反応は?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人