【事故】7歳男児が意識不明の重体!父親も肋骨を折る重傷

2024年3月30日午後岐阜県羽鳥市の長良川で、水上バイク同士が衝突し、愛知県あま市から来ていた7歳の男の子が意識不明の重体となっています。

事故の概要

NHK

2024年3月30日午後2時半ごろ、

「男の子が川で溺れ呼吸はあるが意識がない」という通報が消防に入りました。

岐阜県羽島市の長良川の大藪大橋から

下流へ約80メートルのところで、

水上バイク2台が衝突したのです。

この事故で水上バイクを運転していた

愛知県あま市に住む父親(38)と、

同乗していた息子(7)が救急搬送されましたが、

父親の方はろっ骨を折る重傷

息子の方は意識不明の重体となっています。

一方、もうひとつの水上バイクを運転していた

愛知県海部郡大治町の男性(29)には怪我はありませんでした

3人は救命胴着を着用していたことがわかっています。

当時、現場周辺ではこの3人のほかに、

複数の水上バイクを楽しむ人でにぎわっていたとのことです。

水上バイク事故

岐阜新聞Web

みなさんは水上バイクと聞くと、良いイメージが沸かない人が多いと思います。

しかし、本物の水上バイクの操縦者は、

海水浴者に迷惑をかけたり、危険な走行をするということはありません

無免許者が運転して危険な走行をしているだけで、

それはただの犯罪なので、水上バイクの操縦者とは言えないでしょう。

しかし、免許を持っている善良な水上バイクの操縦者でも、

水上バイクで知り合い同士の衝突事故が多くあります。

一緒に水上バイクに乗っているときに、

水上で喋ろうとして近寄り、そのときに衝突する、

操縦者同士の技量不足のため起こる事故です。

スピードを落とした水上バイクは

バランスを取るのが非常に難しくなっています

スピードを出して初めて車体が安定するのです。

今回の事故は、知人同士で話そうとして、

バランスを崩さないためにある程度のスピードが出た状態で近づいた結果の可能性があります。

世間の声

水上バイクが趣味の知り合いがバイクから水面に落ちて、衝撃で骨折したと聞きました。結構危ないスポーツだから、気軽に子どもを参加させないほうが良いですね。

これから暖かくなって夏日とか増えて 真夏に向かっていく季節の到来と共に 水の事故が増えるだろう。自分は大丈夫は絶対禁物だ。

どちらに回避義務があったのか書いてませんね。 相手を左側に見る方が回避義務生じます。

私が釣りに行く場所でも、水上スキーがハチャメチャな乗り方で飛ばしている。正直、水上スキーは嫌い。

そもそも川で水上バイクってありなの?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人