吉岡里帆の実家は金持ち?!父親は映像会社の社長兼カメラマン!学歴は?

現在CMやドラマ、映画などに出演し活躍している吉岡里穂さん。

父親についていろいろな噂がありますが、今回そんな父親や吉岡里穂さんの実家と家族構成、学歴や経歴について情報を集めてみました。

吉岡里帆プロフィール

生年月日:1993年1月15日
身長:158cm
血液型:B型
出身地:京都府
所属事務所:A-team

2016年、NHK連続テレビ小説「あさが来た」で話題になりその後数々のドラマや映画に出演。

2018年のドラマ「きみが心に棲みついた」が初主演作。2019年には「見えない目撃者」「パラレルワールド・ラブストーリー」に出演し、第43回日本アカデミー賞の新人俳優賞を獲得した。


2022年には「ハケンアニメ!」のほか、「ホリック xxxHOLiC」「島守の塔」に出演。またNHK BSプレミアムのドラマ「しずかちゃんとパパ」では笑福亭鶴瓶とダブル主演を務めました。

そのほか出演作にドラマ「ガンニバル」「監察の一条さん」「神の手」映画「アイスクリームフィーバー」「Gメン」「ゆとりですがなにか インターナショナル」「怪物の木こり」があります。

出身地は?

吉岡里帆さんの出身地は京都です。

実家は京都市右京区太秦にあります。

右京区太秦と言えば「東映太秦映画村」があります。

東映太秦映画村が実家の近くにあるため芸能に関してはそこから影響を受けてきたと言われています。

両親からの影響もあり、幼少期の時から芸術文化に親しみを持ち育ってきたそうです

吉岡里帆さんの実家は金持ち⁉︎

実家が金持ちであるという噂の要因は実家で飼っているペットの数、現在は猫を5匹と犬を1匹飼っているという情報があります。

また以前は15匹の猫を飼っていたこともあるという話から、吉岡里帆さんの家は裕福であるのではないかと噂されています。

実際に金持ちなのかは不明だが、猫の多頭飼いで費用が嵩むことや、吉岡里帆さん自体幼少期から芸術文化を中心とした習い事を多くしていたという情報から、

金銭的に余裕のある家であると予想されます

父親は映像会社社長&カメラマン

以前週刊誌で吉岡里帆さんの父親はNHKの大河ドラマなどを製作しているプロデュサーの吉岡和彦さんと噂されたことがありました。

この情報は誤りであり、吉岡里帆さんが所属する事務所はもちろん、NHKの広報室まで吉岡里帆さんの父親は、関係者ではないと週刊誌の内容を完全否定しています。

吉岡里帆さんの父親は京都で映像会社を経営するカメラマンという情報があります。

関西を拠点にして、ウェディングモデルの撮影を行っているそうです。

そんな彼女の父親は格闘技好きで、総合格闘技の館長を務めていたことがあったそうです。

そのため吉岡里帆さんは「私が子供の時にそういう方に行ってほしかったのか、ムキムキにしたかったみたいで、朝はプロテイン(を摂取し)、一緒の休みの日はブロック塀を運ぶトレーニングをしていた」と出演番組で話していました。

家族構成を公開

吉岡里帆さんの父親は上記でも言ってたいたように映像会社経営のカメラマンであることは、間違いなさそうです。

そして、吉岡里帆さんの母親はアパレル関係の仕事をしていたそうです。

母親は吉岡里帆さんの目元がそっくりなとても美人な方で、過去に吉岡里帆さんのSNSで母親と二人での写真が公開されたことも話題になりました。

引用元:One More News

また、吉岡里帆さんには3歳年下の弟がいます。

調理の専門学校を卒業後、京都のフレンチレストランに就職します。

吉岡里帆さんもそのレストランに足を運んでいたようです。

しかし、フレンチシェフとして修行をしていた弟さんですが、シェフとしての修行をやめ花田優一さんに靴職人としてして弟子入り。

しかし、花田優一さんのパワハラにより、3か月ほどで靴職人の修行を断念し、現在はどんな職業についているかは、明らかにされていません。

学歴と経歴

出身大学:京都橘大学 文学部→他大学に転学
出身高校:京都府立嵯峨野高校
出身中学校:京都市立嵯峨中学校
出身小学校:京都市立広沢小学校

出身大学:京都橘大学 文学部書道コース
※後に他大学に転学して卒業

中学校を卒業した吉岡里穂さんは京都府立嵯峨野高校に進学。

嵯峨野高校は京都でも有数の進学校と知られています。高校卒業後は、京都橘大学に進学

吉岡里穂さんは書道八段の腕前で、古くから書道の指導で定評のある同大に進学し幼少期からの夢であった書道家を目指します。

大学に進学した吉岡里穂さん周囲も書道の道を極めると思っていましたが映画「天地明察」のエキストラで出演したことにより女優に憧れを持ちました。

大学1年生の時に友人に誘われて小劇場の舞台に立ったり、自主映画の制作にも参加するようになりました。

その後は京都に在住しながら東京に演技のレッスンに通っており、当時は京都と東京を往復する日々でした。

その費用を捻出するために、居酒屋やカフェ、歯科助手などのアルバイトを掛け持ちしていたそうです。

このような経緯から書道家になる夢は諦め、他大学に転学して卒業しています、転学先の大学は不明です。

ちなみにインターネット上には転学先の大学を書道で有名な大東文化大学とする情報もありますが、吉岡さんは上京した時点で書道家になることを諦めているので可能性は低いと考えられます。

22歳の頃に女優を目指して上京していますが、上京資金を貯めるために滋賀県の大津市にある大津プリンスホテルで1年間アルバイトをしていました。

23歳だった2016年にわずか160万円で製作された映画「星を継ぐ者」の主演に起用されていますが、あまり話題になることはありませんでした。

しばらくはオーディションで落選する日々が続いていましたが、グラビアアイドルとして活動を開始すると、少しづつスポットライトが当たるようになってきました。

そしてグラビアアイドルとして知名度が上がり始めるとテレビドラマや映画の女優として起用されるようになり、NHKの朝ドラ「あさが来た」のヒロインのオーディションで最終選考まで残ることになりました。

「朝が来た」ではヒロインに波瑠さんが選ばれましたが、オーディションでの印象的な演技が制作側の目に留まり、ヒロインの娘の友達役で出演。

その後コミカルな役柄などを好演して、女優としてブレイクしました。

以降は数々の映画や連続ドラマに主演やヒロインとして起用される人気女優になりました。

まとめ

・吉岡里帆さんの父親は映像会社社長兼カメラマン
・吉岡里穂さんの母親は吉岡里穂さん似の美人な方でアパレル関係で働いていた
・3歳下の弟はシェフの修行をしていた。現在の情報はなし
・実家は金持ちである可能性がある
・書道家になる夢があり大学に進学したが、大学在学中に芸能界に興味を持ち上京

今回吉岡里帆さんの情報を集める中で吉岡里帆さんは大学を転学するなど下積み時代などもあり努力家で家族を大切にする、とても魅力的な女性だと感じました。

これからのさらなるご活躍に期待したいですね。

わたし的にはドンギツネの時の吉岡里帆さんが1番好きですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人