土屋礼央の現在は?RAGFAIRは活動休止していた?

土屋 礼央(つちや れお)さんは、

2001年にRAG FAIRのリードボーカルとしてメジャーデビューし、

透き通るような癒し系の歌声を持ち味に紅白歌合戦に出演、

オリコンランキング1,2位の独占など、数々の功績を残しています。

現在は大学日本一を決める全国ハモネプリーグにゲスト審査員として何度も出演していますね。

今回は、日本にアカペラブームを巻き起こし

2024年2月29日自身がボーカルを務めるバンド「ズボンドズボン」が10年ぶりに再結成されることが判明し話題を呼んでいる、

RAG FAIRの土屋礼央さんと、RAG FAIRの現在に迫ります!

土屋礼央プロフィール

引用:ワタナベエンターテインメント

名前:土屋 礼央

生年月日:1976年9月1日

血液型:O型

出身:東京都国分寺市

身長:173cm

事務所:ワタナベエンターテインメント

趣味:一人焼肉、一人居酒屋、株主優待

土屋礼央さんの最終学歴は東京都国分寺高等学校です。

大学に行かなかった理由は、高校の時にアルバイトしていた同僚から、

「大学に入らなくても大学のサークルには入れる」という言葉を聞いたからでした。

一時期、早稲田大学の軽音楽部に入っていたそうですが、

その後、埼玉大学に通っていた高校の先輩から誘われ、アカペラサークルに参加します。

デビュー後は、軽快なトークを売りに、様々な番組にも出演していました。

2000年から2014年にかけては、RAG FAIRと並行して、

ズボンドズボンという男女ツインボーカルバンドを結成しています。

2012年には一般女性と結婚もしており、

現在小学生の息子さんがいるようです。

2019年に発声障害を発症していることを暴露し、

「歌い方を忘れちゃったみたい」と話していましたが、

2023年にはまだ完全に完治していないものの、弾き語りライブを開催しました。

土屋礼央さんの完全復帰を期待したいものですが、今はしっかり完治するように祈っています。

土屋礼央の父親と母親も有名人

引用:STUDIO HISIKI




土屋礼央さんの父親は、代表作が文化庁にも買い取られるほどの日本画家




土屋礼央さんの母親は、「ぬりぽん」「まほうつかいのサンカクスキー」などを描いた絵本作家です。


引用:絵本ナビ

土屋礼央さんの歌に対する芸術センスは、両親譲りなのかもしれませんね。

ちなみに、土屋礼央さんの名前は「レオナルド・ダ・ヴィンチ」からつけられたそうです!

RAG FAIRとは

引用:RAG FAIR official site

RAG FAIRは、4人の男性で構成された、アカペラボーカルグループです。

メンバーは、引地 洋輔さん荒井 健一さん加藤 慶之さん、そして、土屋礼央さん

元々は6人グループだったのですが、それぞれ新しい人生を歩む、ということで2人脱退しました。

RAG FAIR2001年12月にメジャーデビューし、

2002年の6月にセカンドシングル、サードシングルを2枚同時に発売した際、

オリコン週間チャート初登場で、1,2位を独占します。

同年12月には、TBS「日本有線大賞」優秀新人賞を獲得、

紅白歌合戦にも出場し、一躍人気となりました。

武道館でのライブも成功を収めています。

シングルは、ライブ会場・通販限定版も含めると21枚アルバムはミニアルバムなども合わせると、9枚出しているようです。

結成からメジャーデビューまで

引用:YouTube

1996年11月に、埼玉大学のテニスサークルのメンバー

「アカペラやるぞ」と言って

RAG FAIRの前身となる「Chocolez」が結成されました。

1999年『A Cappella Age Vol.4』に出演する際、名前が必要となったため

正式にRAG FAIRとグループ名が決定

メンバーの加藤さんが着ていたTシャツのロゴが「RAG FAIR」で、響きがかっこいいから、という理由でしたが、本人たちは意味はわかっていなかったそうです。

2000年ズボンドズボンとの並行活動を条件に土屋さんが加入しました。

そのときRAG FAIRに所属していた加藤さんは、土屋さんの高校時代の後輩でした。

土屋さんは『「卒業コンパのときに行ったカラオケで歌が上手いのは覚えてる」という理由で誘われた』とラジオで話しています。

2001年にテレビ番組「力の限りゴーゴゴー」で、オープニングアクトとして参加し、そのパフォーマンスが話題となりました。

そして、2001年12月19日、デビューアルバム『I RAG YOU』をリリースし、メジャーデビューを果たしました。

活動休止

2011年1月RAG FAIRが目指すもの、そのために自分には何が必要なのか、そして、個人それぞれについて考え、2011年3月末から休止することを発表しました。

休止期間中はメンバー同士のコラボの可能性もあるとし、今まで以上のパワーアップを約束して、再開時期未定の活動休止

「RAG FAIRは音楽のエンターテイメントショーを作り続ける」ための前向きな休止ではあったものの、ファンの中では惜しむ声が多く聞かれたようです。

RAG FAIRの現在

引用:ネクストとうほくアクション

2012年12月、RAG FAIRは、東日本大震災をきっかけに、活動を再開しました。

被災地で無料ライブを行い、被災者のみなさんを勇気づけました。

その後も、何度も被災地に寄り添ったライブを行っています。

また、公式YouTubeチャンネルでは、

サポートメンバーを交えたライブ「RAG FAIRの音楽室」を配信しており、その数は16回にもなり、DVDも発売されているようです。

さらに2023年10月からアルバム「おもたせ」をひっさげて、全国ツアー10公演を行い、

ファイナルライブが開催された翌日の2024年2月28日には

RAG FAIRの111回目のオンラインミーティングも配信しました。

今後も4人の歌声が響いていくことでしょう。

まとめ

アカペラブームの火付け役として、途中休みながらも走り続けたRAG FAIRは今年、デビュー23周年となります。

メンバーの移り変わりや、脱退があったものの、今でもキレイなアカペラを披露しているRAG FAIR

これからの活躍も、楽しみですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人